事故車を売るなら事故車オークションを利用しよう。廃車費用をかけずに事故車を高く売る方法

HOME>トピックス>走らない車も実は売れる

廃車寸前でも車には値段が付く

交通事故

車を処分するには1万円~2万円の費用が掛かります。これには解体費用や登録抹消のための抹消登録費用が含まれますが、「自動車リサイクル料金」を支払っていない場合は、こちらの支払いも発生します。廃車にするしかない事故車には、できるだけお金をかけたくないですよね。そんな時に利用したいのがオークションです。事故車をオークションで取り引きする価値があるのか、と疑問に思う方もいるかもしれません。ですが、たとえ廃車寸前であっても、車には値段が付くものなのです。また、事故車を専門に扱うオークションも存在します。事故車専門オークションはインターネットを利用して行われます。会員制のため、参加するには業者に手数料を支払って代行を依頼する必要があります。しかし、一般のネットオークションでも事故車の売買は可能です。廃車にする前にこちらも検討してみましょう。

高く売れる理由

事故車がオークションで取り引きされる理由の1つに、海外での再販売が挙げられます。故障が少なく性能が良い日本車は海外での需要がとても高いのです。そのため国内の販売が難しい事故車であっても、修理済みで問題なく走る車であれば、海外では高値で取り引きされます。2つ目の理由はパーツの再利用です。自走できない車でも、分解して使えるパーツを取り出せば高く売れます。特に人気車種のパーツは需要が高く、オークションで驚くほどの高値が付く場合もあります。車はスクラップにしても価値があります。車の50%は鉄でできていますので、スクラップ後は金属資源として取り引きされるのです。オークションに参加する業者は事故車の取扱いに慣れているため、最近は積極的に事故車を買い取る業者も増えてきています。

広告募集中